ラポマイン

ラポマインが効かない人は〇〇が悪かった!失敗する人の特徴

ラポマインはワキガに悩んでいる方に一番人気のワキガ用クリームです。

 

その人気の理由は99.9999%除菌という強力な除菌効果。

 

それでいてお肌に優しい無添加・低刺激。

 

赤ちゃんに使っても大丈夫なので、敏感肌の方も安心して使えるんです。

 

 

また、手軽に持ち運びやすい大きさと、ワキガクリームと気づかれにくいデザインもポイント高いです。

 

そんなラポマインですが、「効かなかった!」という口コミがあるのも事実です。

 

私もラポマインを使っていますがしっかり効果を感じているので、このような口コミが出るのが不思議なんです。

 

個人差という言葉で片付けるのはちょっと違うと思って、このような口コミを見比べていたら、あることに気づきました。

 

 

ラポマインが聞かないのはコレが原因じゃないか!?

 

 

口コミで「効かない」と書いた人に共通する「ラポマインで失敗する理由」をこのサイトで紹介したいと思います。

 

↓↓↓ラポマインの公式サイトはこちらです↓↓↓

Lapomine

 

ラポマインがワキガに効く理由知っていますか?

 

まず、なぜワキガの臭いが出てしまうのか、その理由を説明します。

 

ワキガではない人達はワキガの人に対して「そのにおいなんとかしろよ・・・」と思っていることでしょう。

 

でもね!ワキガの人は毎日必死でケアしてるんだよ!何もしてないわけじゃないんだよ!

 

数時間おきに制汗スプレーとかロールオンのやつとかでニオイ対策してるんだよ!

 

ちょっと熱くなってしまいましたが・・・でもみなさんもそうだと思います。

 

毎日一生懸命ケアしていてもニオイが消えてくれない。本当に嫌になりますよね。

 

 

 

では、なぜ一向にワキガ臭が良くならないのか、

 

その原因は実はあなたが使っている制汗スプレーやロールオンなどのケア用品かもしれません。

 

 

そもそもワキガの原因はご存知でしょうか?

 

ワキガ臭の原因は、3つの汗腺だと言われています。

 

その3つとは、アポクリン汗腺・エクリン汗腺・皮脂汗腺です。

 

特にアポクリン汗腺からは、脂質やタンパク質を多く含むベタつく汗が出て、この汗を細菌が分解する時にあの独特のニオイがしてくるんです。

 

また、エクリン汗腺や皮脂汗腺から出る汗に皮脂や脂が混ざった時にもニオイが発生します。

 

その時に制汗スプレーやロールオンの制汗剤を使うと、脇が乾燥しますよね。

 

肌が乾燥するとどうなるか、皮膚を守るために汗や皮脂をもっと出すようになります。

 

するとニオイがしてくるので、また制汗スプレーを使いますよね?そしてまた肌が乾燥、皮膚を守るために汗と皮脂を分泌、またあのニオイが・・・

 

と、ニオイの悪循環になっていたんです。

 

 

つまり、ワキガ臭を無くすためには、肌の乾燥を防がなければならなかった

 

 

そこに目をつけて開発されたのがラポマインなんですね。

 

ラポマインは、ワキガの原因菌の除菌と同時に、肌の保湿をすることでワキガ臭を根本からシャットアウトしているんです。

 

 

まず、消臭成分の柿渋エキスとイソプロピルメチルフェノールで臭いを分子レベルからシャットアウトします。

 

そして、制汗成分のパラフェノールスルホン酸亜鉛が汗を抑えます。

 

最後に保湿成分の21種類の天然植物エキスで肌の環境を整え、余分な汗・皮脂・垢の分泌を抑えます。

 

この3段階のケアでワキガ臭を元からカットしてくれるんですね。

 

↓↓↓ラポマインの公式サイトはこちらです↓↓↓

Lapomine

 

ラポマインが効かないのはコレが悪いから!

 

ラポマインがワキガに効果的な理由はわかってもらえたと思います。ではなぜラポマインが効かなかったという人が出てくるのでしょうか?

 

私が評価の低い口コミを見ていた時に気づいたことがありました。どの人も大体同じことを言っているんです。

 

それは、「即効性が弱い」「値段が高かった割に効果がなかった」この2つです。

 

評価の低い口コミには、大体この2つのうち1つは当てはまっています。

 

 

そもそもラポマインは使い続けてお肌の環境を整えることでワキガ臭を抑えるコンセプトの商品です。

 

使ってすぐ効果が出るかと言われると、それはちょっと無理があります。

 

市販品と比べると少し値段が高いので、使ったらすぐに匂いが消えることを期待していたのかもしれませんが、そんな都合のいい話は無いですよ。

 

そして、値段が高いからできるだけ節約して使いたい。その気持ちが一回分の量を抑えて使ってしまう事につながったのでしょう。

 

ワキガの強さは人によって違いますから、適量も人それぞれです。なので、普通より多めにつけないと効果を感じられない方もいるんです。

 

私も使い始めの頃は、朝と夜だけでは足りなかったので、2度塗りしたり昼にも塗ってみたりしました。

 

それでも2週間もしたら、朝と夜だけで十分ニオイが気にならなくなりました。

 

そもそも、ラポマインには90日間の返金保証が付いていますよね。裏を返せば、それくらいの期間は使い続けて欲しいということです。

 

 

つまり、ラポマインが効かなかったと言っている人は間違った使い方をしている可能性が高いんです。

 

ラポマインを継続して使うこと、自分のワキガの症状に応じてラポマインの量を調整すること。ここをしっかりしていれば、この人達も効果を実感できていたと思います。

 

実際に効果を実感した人の口コミを見ると

 

兵庫県 【30代/女性】

 

ニオイの悩みから少しで解放されたくて購入してみました。

 

口コミで同じ悩みがある人がたくさんいること、その人たちがオススメする商品なら効果あると信じて購入しました。

 

はじめの1週間くらいは全然変化がないように感じて効かないのかなって思っていましたが、 1ヶ月くらい根気よく使っているとニオイが薄くなってきました。

 

今は気になるとき以外使用していません。特に冬場は使用頻度がほとんどなく、夏場は汗を掻くと塗るようにしています。

 

 

青森県 T様【21歳/女性】

 

ただでさえ、わきがであることを隠している私には、最高の商品です。

 

全く、臭いがなくなるし、ベタベタしないから、すぐに洋服着れるし自然な感じです。

 

使い始めて2か月になりますが、長く持続するようになってきました。

 

お肌に合ってきたのか、それともわきが臭が軽くなってきたのかわかりませんが嬉しいです。

 

 

愛知県 【50代/女性】

 

私は趣味でスポーツをしています。汗をかくと臭いが気になっていました。

 

塗り心地がよくてつけてすぐスポーツをしても気になりません。

 

ニオイも完全にはなくなっていませんが、だんだん軽減されているように感じます。

 

使用をはじめて2ヶ月です。時間はかかると思いますが続けていけば皆さんにも効果があると思います。

 

このように、使い続けることで効果を実感した方がほとんどです。

 

やはり、効果を期待するなら、2ヶ月は使い続けたほうがいいですね。

 

↓↓↓ラポマインの公式サイトはこちらです↓↓↓

Lapomine

 

ラポマインお買い得情報

 

ラポマインの公式サイトでは、現在お得なキャンペーンを実施中です。

 

定期コースを利用すると、40%OFFの5700円で購入することができます。

 

 

しかも、送料無料で90日間の返金保証付きです。

 

お得な今がいい機会だと購入する人がとても増えています。

 

あなたも、キャンペーンをうまく利用してお得にラポマインを試してみてください。

 

⇒ ラポマインのキャンペーンページはこちら

 

↓↓↓ラポマインの公式サイトはこちらです↓↓↓

Lapomine

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脇は年齢が出やすいところと言われます。実際、脇の横じわやたるみなどの悩みは老化現象として現れやすいものです。茶色いイボが転々とできる「アクロコルドン」という病気もわきがとともに起こりやすくなります。原因は主に紫外線と老化ですが、摩擦の影響も受けるので、肌が擦れ合う脇の下などにできるる人もいます。早い人では20代でできることもあります。。また、無意識に脇の後ろをかく癖がある人は要注意。皮膚がガサガサになって黒ずんだり皮膚が厚くなて治りにくくなります。治療中、治療後の紫外線対策も忘れずに。アクロコルドンはほおって置いても特に問題はないのですが、痒いとか、引っかかって気になる場合は皮膚科で取ってもらうこともできます。治療中や治療後は肌が敏感になっています。特に紫外線には気をつけなければなりません。一般に、顔の紫外線対策はしっかり気をつけていても脇は無防備というケースが良くみられます。しかし、脇も顔と同様に紫外線を浴びています。パウダーファンデーションやラポマインを脇にのばしたり、襟ぐりの大きな服を避ける。スカーフや日傘、つばの広い帽子で防御するなどの工夫が必要です。脇の下はストレスが現れやすい場所イライラすると無意識にかいてしまい湿疹ができてまたワキガが悪化という悪循環に陥りがちです。わきは体の中で一番酷使されている部分と言えます。水やお湯に触れたり様々なものを扱ったりまた紫外線を直に浴び続けるため顔に比べて傷つくリスクがとても高いからです。刺激にさらされる機会が多くトラブルが治りにくいのも特徴ですワキガのままほうっておくとかゆみや臭いが全体に広がったりします。ワキガかと思ったらアトピー性皮膚炎だったというケースもあります。皮膚科でも塗料が必要なトラブルもありますから、ラポマインで治りにくいときは皮膚科を受診しましょう。

気になる脇のニオイ。もしかしてワキガ?

アセをかいてから時間が立つと皮膚表面の雑菌が繁殖し、臭いを発します。こうした臭いはマメに洗えば防げますが、ワキガのニオイはこれではふせげません。ワキガは遺伝的な体質で、汗っかきとは違います。わきの下に黄色く粘り気のある汗を書くのがワキガです。自分がどちらかわからずに悩んでいるひとはこちらのチェックリストでチェックしてみましょう。ワキガ体質の可能性がある人は専門の病院に相談を。

・両親のどちらか、または2人ともワキガ

・耳垢がしっとりとしている

・白い服をきていると脇の部分が黄色くなる。

3湯とも当てはまる人はワキガ体質の可能性あり。

ムダ毛処理が原因のシミ・毛穴トラブルが多発。どんな方法であれ、毛を取り除くと肌は痛みます。トラブルを起こすケースもたくさんあります。毛を処理しないほうが肌は痛まないのですが、それには抵抗を感じる人がほとんどでしょうそこで、ラポマインをするときは肌へのダメージを最小限にする工夫が必要です。ワキガにはそる方法と抜く方法がありますが、より負担が大きいのは抜く方法です。皮膚の一部をちぎるため、菌が侵入し炎症や色素沈着によるシミや角質肥厚、脇のブツブツなどのトラブルに繋がることがあります。よく洗い、乾かすことが最大のケア。制汗剤を使っても汗は止められません。一番のケアはこまめに洗い、丁寧に拭くことです。それとラポマイン。外出先では拭き取りシートも役立ちます。脇毛は短く処理しておきましょう。ただし重度のワキガの場合はラポマインでなく、手術でないと治らないことも。汗腺にはアポクリン汗腺とエクリン汗腺があり、エクリン汗腺が発達している人は多汗症。アポクリン汗腺が発達している人はワキガ体質と言えるでしょう。

レーザー治療とは、専門の装置で特殊な光を発生させそれを患部に当てて行うものです。皮膚の正常な部分には傷をつけずにワキガの部分だけを焼いて治療します。脇の表面だけではなく、表面は通過して真皮にだけあてることができるものもあり、表皮、真皮のどちらのトラブルでも治療できます。レーザーには、光を発生させる物質によっていくつもの種類があり、光の波長や強さ、皮膚のどの層まで届くかなどが異なります。レーザーの種類によって、痛みを伴うものもあります。ワキガの性質に適した機器を正しく使うことがぽいんとです。価格は、レーザーの種類やシミのタイプ、大きさにもよりますが、1ヶ所につき5000円からが目安です。レーザーは患部に届くと熱に変わり、ラポマインを活性化したりメラニンを破壊できます。シミやくすみ、シワ、アザほくろ、ワキガ、ラポマインなどに有効。治療期間は治療の範囲や種類によって、1回ですむものから5回以上繰り返し行う場合まで色々。皮膚科では摘み取るなどの治療法がありますが、行っている病院とそうでない病院があるので、予め確認を。ただし、一度治療してもまたワキガになることも。できてしまったワキガは時間が経てば立つほど取りにくくなります。ふだんから、こまめに汗を拭き取る、ラポマインを塗るといった予防が大切です。